全自動衣類折りたたみタンス「INDONE(インダン)」がやばすぎ!

タンスビジネスコラム
スポンサーリンク

全自動折りたたみタンスのINDONEがおもしろいプロダクトだったので調べて見ました。

全自動で衣類を折りたたんでくれるタンスの魅力、活用方法などについてまとめていきます。

スポンサーリンク

全自動衣類折りたたみタンス「INDONE(インダン)」とは

INDONE」は、乾燥済みの衣類を衣類カゴに入れるだけで、自動で仕分けし衣類を折りたたんでくれる製品。

 

洗濯後の衣類を、無造作に放り込むと....

INDONE折りたたみ前

画像引用元:INDONEコンセプトムービー

 

こうなる

INDONE折りたたみ後

画像引用元:INDONEコンセプトムービー

 

すごい(語彙力)

いっそ洗濯機乾燥も入れて、脱いだ服入れておけば、折りたたまれて格納されているところまで行ったらロマンがある。(コスト面、洗濯物の匂い的なものがネックになって商品化できなそう)

もう食事もこんな感じのガジェットを壁面に内蔵して、服も食事も壁の引き出しからスライドして出てくるみたいなディストピア系の映画にありそうな世界になってほしい。

IoT+AI?

どう実現しているのかが気になる。

仕分けという意味だと、中国の企業がAI技術とIoTを組み合わせて、荷物の仕分けシステムを作っていたので、もしかしたらAI使っているのかな?

大量の衣類をAIに機械学習させてたりしたら面白いよね。もし大量の下着を機械学習させる仕事があったら僕を呼んでください。

開発した企業

ASTINAは、ロボット、IoT、ガジェット系など、製品開発に強い会社。

AI領域にも事業を展開し、自社製品の第一のプロダクトとして、洗濯物を入れるだけで全自動でたたんで分けて収納するタンス「INDONE(インダン)」を開発。

スポンサーリンク

INDONEが開発された経緯

どうやら、衣類を折りたたむ時間を短縮し、空いた時間で家族と過ごす時間を増やしてほしい。という高尚な理由があったらしい。

「SFやん!」キャッキャッ していた自分が恥ずかしい。

僕は以前同棲していたことがあったんですが、彼女が精神的な問題で家事がまったくできなくて、僕が全部の家事をやっていた。

仕事から帰ってきて、料理、洗濯と家事全部をやってたからわかるけれど、家事ってものすごい時間かかるんですよね。

特に、共働きが増えてきた昨今では、男性が家事を手伝うのは当たり前としても、家事をすることで二人の時間が大きく減ってしまうことは間違いない。

こういったガジェットが世の中に普及して、家族の時間がとれるのは良いことだなぁと思って今回紹介しています。

スポンサーリンク

INDONEのユースケース

企業での利用

まずは家庭内での利用。次いで、アパレル、介護、ホテル業界などでの利用を想定しているそうな。なるほどな〜。

筐体が大きいから家庭用としてはまだ辛いかな?という印象を受けていたから、メインはBtoBになりそう。普及して小型化してきたらいいね。

労働人口が減少するというのは政府の試算を見れば明らかで、社員の生産性の向上という事業課題は、今後どんどん重くのしかかってくる。

必ずしも解決策がITやガジェットというわけではないけれど、有力な選択肢になると思う。

また、こう行った単純作業というのは、従業員のモチベーションが下がりやすいので、自動化ができれば社員のエンゲージメント向上も測れる。

家庭での利用

僕は現在、嫁どころか彼女すらいない独身男性ですが、将来何かの拍子に家庭を築くかもしれません。子供が生まれることもあるでしょう。そしてその子供が女の子かもしれない。

多感な時期になれば、娘はお父さんに下着を畳まれることを嫌がることでしょう。

 

「ちょっとお父さん!私の下着に触らないでよ!」と言われる悲劇を回避できる。

そう、INDONEならね。

タイトルとURLをコピーしました